【おすすめのコーチングスクール5社を徹底比較】 ビジネスリーダー必見! > 使えるコーチングが導いた成功談

icon

使えるコーチングが導いた成功談と効果

公開日:|最終更新日時:

ビジネスやマネジメントなどはよくあるコーチングのイメージですが、コーチングは多種多様で、それぞれに適したコーチングをすることで異なる分野で効果を発揮します。ここでは、ビジネスシーンやルーティンワーク、教育、スポーツ、そして専業コーチという分野別成功事例をご紹介します。

ビジネスでのコーチング成功談

営業成績が伸び悩んでいたがセルフコーチングで目標達成ができた。社内で最下位の営業チームを結束させて、表彰されるレベルにまで成長させた。コーチングが評判となり社内にコーチング部門ができて、企業全体のパフォーマンス向上に貢献している。など、それぞれの想いをコーチングで実現させ、効率アップを実戦しているビジネスパーソンの事例をご紹介します。

ルーティンワークでのコーチング成功談

製造業など工場でのコーチングは、導入の仕方次第で大きな効果を発揮します。作業の説明も効率アップもコーチングのスキルを活かして、単に伝える・教えるから自ら考えて行動するに変えるだけで生産性が上がった事例も。質の良いOJTやチームワーク向上のためにコーチングを実施すれば、最終的に作業効率まで上がるというストーリーです。

学校でのコーチング成功談

学校で応用できるコーチングの幅は広く、教師から生徒へ、教師間で、また保護者に対しても、求められるのは優れたコミュニケーション力です。生徒の話をしっかりと聞き、考えて行動する力を与え、可能性を最大に引き出すことは生徒のためだけではなく、教師力を向上させるスキルの一つです。学校や家庭での身近な例で、コーチングの大切さを説明します。

スポーツでのコーチング成功談

アメリカなどでは盛んに採用され、日本でもプロスポーツ選手が導入しているスポーツコーチング。フィジカル面と並行してメンタルケアが重要となる勝負の世界では、プロアマ関係なくコーチングが主流となっています。ここでは中学の部活として空手チームを全国優勝へ導いた監督と、海外のフットサルプレーヤーの事例をご紹介します。

専業プロコーチのコーチング成功談

それぞれの人生経験を経て、コーチングという職業に辿り着いた専業コーチたち。きっかけは異なっても、コーチングの真髄は同じです。コーチになるために費やした時間と努力の上に、それ以上の喜びがあるコーチという仕事。コーチングの効果や、自分自身の学びの過程、人生を変えるコーチングなど、プロの専業コーチのストーリーをご紹介します。

icon

ICF資格をもつ講師人数で比較する
おすすめコーチングスクール5選

日本国内でコーチングを教えている講師がもつ資格の中で、その【コーチング実績主義】でどこよりも厳しい取得基準をもつ国際コーチング連盟(ICF)資格。特に上位資格をもつ講師なら、経験値や高い指導レベルにあると言えます。
①ICF資格をもつ講師が教えている②ICF資格取得認定コースである③コーチ養成が主目的の講座である
以上の条件をクリアしているコーチングスクールをピックアップいたしました。

MCC資格トレーナーが2名在籍
高い指導力をもつスクール
東京コーチング協会
MCC…2名
PCC…5名
ACC…0名
リーダーシップメソッドで
コーチングが学べるスクール
一般社団法人
マインドフルリーダーシップインスティテュート
MCC…1名
PCC…4名
ACC…0名
教育機関での研修実績多数
教育者向けスクール
共創コーチング
MCC…1名
PCC…1名
ACC…0名
全国34箇所に拠点をもつ
気軽に通える大手スクール
銀座コーチング
スクール
MCC…0名
PCC…16名
ACC…25名
企業研修の実績多数
関わり方重視のスクール
CTIジャパン
MCC…0名
PCC…18名
ACC…0名

国際コーチング連盟認定資格の取得条件は下記の通り
MCC 専門トレーニング:200時間修了/コーチング実績35名以上最低2,500時間(有料2,250時間含む)
PCC 専門トレーニング:125時間修了/コーチング実績25名以上最低 500時間(有料 450時間含む)
ACC 専門トレーニング: 60時間修了/コーチング実績 8名以上最低 100時間(有料   75時間含む)
※スクールの講師数は2021年11月時点のものです