【おすすめのコーチングスクール5社を徹底比較】 ビジネスリーダー必見! > コーチング資格で可能性を広げる!スクールで取得できる資格とは > その他の国外コーチング資格

icon

その他の国外コーチング資格

公開日: |最終更新日時:

EMCC(欧州メンタリング&コーチング協議会)

EMCCは英国を拠点とした欧州メインの団体で、国外資格としてはICFに次ぐ規模があります。資格レベルは

  • ファウンデーション コーチ(Foundation Coach/資格レベル1)
  • プラクティショナー・コーチ(Practitioner Coach/資格レベル2)
  • シニア・プラクティショナー(Senior Practitioner Coach/資格レベル3)
  • マスター・プラクティショナー(Master Practitioner/資格レベル4)

これら4つの認定資格があり、それぞれをICF認定資格に該当させるとプラクティショナー・コーチがACC、シニア・プラクティショナーがPCC、マスター・プラクティショナーがMCCとなります。

AC(コーチング協会)

ACは主に欧州とアジアを拠点とする英国の団体です。EMCCと同じ認定方法で、

  • ファウンデーション コーチ(Foundation Coach/資格レベル1)
  • プラクティショナー・コーチ(Practitioner Coach/資格レベル2)
  • シニア・プラクティショナー(Senior Practitioner Coach/資格レベル3)
  • マスター・プラクティショナー(Master Practitioner/資格レベル4)

以上4つの認定資格があります。ICF認定資格該当レベルもEMCCと同じです。

プログラム名は、Coach Accreditation、Coach Training Accreditation、Coaching Supervisor Accreditation、Recognized Course Leader as Coachとなっています。

国内資格

国外資格と併せて、国内資格も紹介いたします。

生涯学習開発財団認定コーチ

生涯学習開発財団認定のコーチ資格で、レベルは初級の「認定コーチ」、中級の「認定プロフェッショナルコーチ」、上級の「認定マスターコーチ」の3つ。資格取得はコーチ・エィ アカデミア主催のプログラム受講が必須です。電話とオンラインによる約1年半のプレミアムコースを受講するものと、2年のリーダー向けコースがあります。コーチングの他にマネジメントのスキルも習得でき、ACTP認定修了試験に合格すれば、ICF資格申請が可能になります。

CPCC

一般財団法人生涯学習開発財団による認定資格で、正式名称をCPCC(Certified Professional Co-Active Coach)と言います。資格取得プログラム名は、Co-Active coaching。こちらは上級コースとなり、電話とオンラインで期間は6ヶ月間。2016年3月現在約600人のCPCCコーチが活躍しています。このコースではACTP認定修了試験に合格すればICF資格申請が可能になりますので、国内と国外の2つの資格を取得できるコースとなります。

日本コーチ連盟認定プロフェッショナル・コーチ

日本コーチ連盟による認定資格で、I種: 認定コーチとII種:認定コーチング・ファシリテータがあります。資格取得プログラム名は、コーチアカデミー。基礎から応用コースの期間は1年で、修了すると日本コーチ連盟認定コーチ技能試験(Ⅱ種・認定コーチング・ファシリテータ)の受験資格が取得可能。受講方法は東京と大阪の会場になります。

日本コーチング教育振興協会認定コーチ

日本コーチング教育振興協会による認定資格で、資格取得プログラム名は、コーチング能力養成講座 基礎編。約4ヶ月分の通信講座(E-ラーニング)と対面クラス2日、または集中4日間コースがあります。

TCAAC・TCAPC・TCAMC

東京コーチング協会の認定資格で、初級はTCA認定コーチ、中級はTCA認定プロフェッショナルコーチ、上級はTCA認定マスターコーチとなっています。それぞれのコースがICF資格認定コースとして承認されており、認定試験は筆記のほか録音データによる審査があり、年に3回の試験実施時期が設けられています。

(*これらの情報は2020年9月時点のものです。)

icon

ICF資格をもつ講師人数で比較する
おすすめコーチングスクール5選

日本国内でコーチングを教えている講師がもつ資格の中で、その【コーチング実績主義】でどこよりも厳しい取得基準をもつ国際コーチング連盟(ICF)資格。特に上位資格をもつ講師なら、経験値や高い指導レベルにあると言えます。
①ICF資格をもつ講師が教えている②ICF資格取得認定コースである③コーチ養成が主目的の講座である
以上の条件をクリアしているコーチングスクールをピックアップいたしました。

MCC資格トレーナーが2名在籍
高い指導力をもつスクール
東京コーチング協会
MCC…2名
PCC…5名
ACC…0名
リーダーシップメソッドで
コーチングが学べるスクール
一般社団法人
マインドフルリーダーシップインスティテュート
MCC…1名
PCC…4名
ACC…0名
教育機関での研修実績多数
教育者向けスクール
共創コーチング
MCC…1名
PCC…1名
ACC…0名
全国34箇所に拠点をもつ
気軽に通える大手スクール
銀座コーチング
スクール
MCC…0名
PCC…16名
ACC…25名
企業研修の実績多数
関わり方重視のスクール
CTIジャパン
MCC…0名
PCC…18名
ACC…0名

国際コーチング連盟認定資格の取得条件は下記の通り
MCC 専門トレーニング:200時間修了/コーチング実績35名以上最低2,500時間(有料2,250時間含む)
PCC 専門トレーニング:125時間修了/コーチング実績25名以上最低 500時間(有料 450時間含む)
ACC 専門トレーニング: 60時間修了/コーチング実績 8名以上最低 100時間(有料   75時間含む)
※スクールの講師数は2021年11月時点のものです