【おすすめのコーチングスクール5社を徹底比較】 ビジネスリーダー必見! > コーチングスクールでしか得られないスキルアップ法 > スクールからプロのビジネスコーチを目指す

icon

スクールからプロのビジネスコーチを目指す

公開日: |最終更新日時:

コーチングの勉強を長いこと継続し上級資格も取得したコーチであれば、プロコーチとしてビジネスを展開していくことも視野にあるでしょう。しかし突然プロのコーチになると決心しても、何から始めればよいのかわからないこともあります。そんなとき頼りになるのがコーチングスクールの講師や仲間たちです。

ここではプロコーチとしての働き方や集客の方法などをご紹介していきます。スクールに通うことで協力が得られやすくなることもあるので、ぜひ参考にしてください。

プロコーチとしての働き方

会社を立ち上げる(自営)

完全に独立して自分で集客をしていく力があれば、自営業としてプロコーチをやっていくことが可能です。自営といっても種類は様々で、自宅でオンラインによる講座を開催したり、クライアントへのコーチングをしたり、中にはフリーのコーチとして企業に出入りするケースもあるでしょう。オンラインで可能なものが多いコーチングは、海を超えて国際的に活躍する方もいらっしゃいます。

自営のプロコーチに必要なのは、クライアントを惹きつけるコーチとしての魅力と信頼性。これが集客を大きく左右しますから、プロのコーチにあるべきレベルの高さを継続学習によって向上させることが必須です。それには在籍したスクールでの継続的なつながりがとても有効です。その上でマーケティングなどのスキルと合わせて自分のビジネスを拡大していくことになります。

会社専属コーチになる

会社の専属コーチになるというのもプロコーチの一つの働き方です。元々の社員がコーチングを勉強して、同じ会社に在籍したままコーチになることもあれば、フルタイムのプロコーチとして新規に採用されるケースもあります。なかにはスクールからお仕事を紹介されるケースがあり、むやみやたらに探すよりもはるかに現実性が高いと言えます。

また顧問契約などの形態で執行役員のエグゼクティブコーチを週に1回任されたり、月単位やスポットで営業部員のコーチや新入社員研修を行ったりと、様々なビジネスシーンにおいてコーチングが必要とされています。ビジネスの多様性とグローバル化により、コーチングの機会は確実に増加しているでしょう。

集客方法について

プロのコーチとしてコーチングを仕事にする時、一番の課題は集客です。世の中のプロコーチはどのように集客しているか、様々な方法と共にご紹介します。

公式HPを開設する

プロコーチとしての公式HPがあると印象が一気に良くなります。 逆にどんなビジネスでもこの時代にHPがないと怪しいイメージなどを与えることも。顔の見えない相手と取引する人はまずいないと考えましょう。自分がどのようなプロセスでコーチになろうと決心して、どのような道を歩んできたか。また専門分野のコーチングやあなたのコーチングを受けたクライアントの声など、今後利用してみようと思うポテンシャルのある人に響く内容で作成しましょう。SEO対策やデザインも重要なポイントになりますので、プロに作成を任せる方がいいかもしれません。

公式HPはなくても大丈夫、ブログだけでも問題ないという声もありますが、自分の経歴や活動方針などを企業にアピールするには公式HPは欠かせません。

ブログで日常的にコーチングを伝える

ブログ集客は多くのビジネスで採用されていますが、こちらもSEO対策が必要であること、ブログの効果は一定以上の記事数が掲載されてからとなりますので、時間がかかることを前提に計画した方がいいでしょう。

また文章力も集客を大きく左右します。文章で伝えるスキルが必要なので、ただの日記のような薄い内容では集客の意味がない上に時間を無駄にすることになります。これらの点を注意しましょう。

フェイスブック(SNS)を活用する

プロコーチとして活動するとき、フェイスブックのページを作成する方法があります。これにブログやTwitterを連動して、集客につなげる手法です。コンスタントに内容のある投稿をすること、コメントなどに丁寧に返信をして信頼を得ることが重要です。スクールの仲間同士でシェアしあい、拡散していく方法は有効でしょう。

また広告機能を利用しての集客も見込めます。フェイスブックの広告は興味・年齢層・地域などでターゲット化ができますので、コーチングの専門分野に合わせて対象を設定すると効果的です。

商工会議所に登録する

コーチングを導入する企業は増加傾向にありますから、定期的な仕事を獲得するためにもビジネス関連のコネクションがあるといいでしょう。特にビジネスコーチングやエグゼクティブコーチングを専門とするならば、商工会議所へ登録をしてメンバーと顔見知りになる集まりがある機会を利用しましょう。対面で話をすることにより信頼性が生まれ、そこからビジネスに繋がるチャンスが生まれます。プロのコーチとして企業のために何が貢献できるか、しっかりとアピールしていきましょう。

団体からの依頼では、1人で対応できない規模のものもあります。そんなときに常日頃連絡を取り合っている仲間がいれば、仕事も受けやすいというもの。ここでもスクールでのつながりが生きてきます。

イベントを開催したり出席する

自分でイベントを開催できるスキルがあれば、コーチングに興味を持つ多くのターゲットと直接知り合える大きな広告となります。仲間のコーチたちと共同開催する方法もありますし、幸運にも企業などのセミナーにコーチとして話をする機会をいただくこともあるでしょう。

まず自分という人間をよく知ってもらい信頼関係を得ることが大切ですから、イベントのチャンスは逃さずに、計画性を持って臨みましょう。

コーチング書籍を出版する

自費出版をする費用があれば誰でも可能な方法と言えます。電子書籍の登場でAmazonに自分の出版物が掲載され、ある程度の露出が見込める媒体となりました。自分のコーチとしての営業内容が本となって世の中に出るわけですから、それを利用してビジネスイベントやSNSで拡散していくことも可能です。ただし出版も編集者次第の部分があり、自分でアピール力のある文章が書けないと難しい部分はあります。

知名度がない時点でも、仲間に宣伝してもらうことでじわじわと売れていくケースはよくあります。ある程度知名度が出てきたら出版社からオファーがあり、本を通して多くの集客が見込めます。

テレビに出演する

テレビに出演するレベルのプロコーチは、プロの中のプロと言っても過言ではないでしょう。あくまでも知名度があってテレビ出演のオファーがないと実現しませんから、そこまでの多大な努力が必要です。逆に言えばテレビ出演が実現すると、それだけで巨大な広告となりますから、あとは連鎖的に知名度は上がるでしょう。

コーチとして有名であれば、他者からの引き合いは多いでしょう。しかし最初のスタートは人と人とのつながりです。スクールの講師や仲間との繋がりで出演交渉をいただくことも少なくありません。

icon

ICF資格をもつ講師人数で比較する
おすすめコーチングスクール5選

日本国内でコーチングを教えている講師がもつ資格の中で、その【コーチング実績主義】でどこよりも厳しい取得基準をもつ国際コーチング連盟(ICF)資格。特に上位資格をもつ講師なら、経験値や高い指導レベルにあると言えます。
①ICF資格をもつ講師が教えている②ICF資格取得認定コースである③コーチ養成が主目的の講座である
以上の条件をクリアしているコーチングスクールをピックアップいたしました。

MCC資格トレーナーが2名在籍
高い指導力をもつスクール
東京コーチング協会
MCC…2名
PCC…5名
ACC…0名
リーダーシップメソッドで
コーチングが学べるスクール
一般社団法人
マインドフルリーダーシップインスティテュート
MCC…1名
PCC…4名
ACC…0名
教育機関での研修実績多数
教育者向けスクール
共創コーチング
MCC…1名
PCC…1名
ACC…0名
全国34箇所に拠点をもつ
気軽に通える大手スクール
銀座コーチング
スクール
MCC…0名
PCC…16名
ACC…25名
企業研修の実績多数
関わり方重視のスクール
CTIジャパン
MCC…0名
PCC…18名
ACC…0名

国際コーチング連盟認定資格の取得条件は下記の通り
MCC 専門トレーニング:200時間修了/コーチング実績35名以上最低2,500時間(有料2,250時間含む)
PCC 専門トレーニング:125時間修了/コーチング実績25名以上最低 500時間(有料 450時間含む)
ACC 専門トレーニング: 60時間修了/コーチング実績 8名以上最低 100時間(有料   75時間含む)
※スクールの講師数は2021年11月時点のものです