【おすすめのコーチングスクール5社を徹底比較】 ビジネスリーダー必見! > コーチングの基礎知識 > コーチングのやりがい

icon

コーチングのやりがい

公開日: |最終更新日時:

コーチングとは、話し相手の言葉や意見を聞き取りながら、提案や質問を投げかけてさらに深い答えを引き出す方法です。

コーチングを学ぶほど実際の対話や話し合いに役立つスキルが身についていき、相手に応じたコーチング方法が備わっていきます。ここでは、コーチングを通して得られるやりがいについてまとめました。

コーチングのやりがい

コーチングの目的は、相手から真実の答えや本音を引き出すことだけではありません。自分自身も相手に寄り添えるような姿勢を身につける必要があります。そのうえで、以下のようなやりがいを得ることができます。

多くの人と出会うことができる

コーチングを身につけ、ビジネスパーソンとして成長すると、人の話を積極的に聞こうという意識や姿勢が備わります。コーチングスキルを活用すれば、今まで以上に多くの人との出会いや対話が期待できるでしょう。

他者の人生に深く関わることができる

コーチングでは、相手の内面や真意を理解し、本音や意見を引き出していきます。必然的に他者の思いに触れることになり、時には人生に深く関わっていくことも。

上辺だけの付き合いに終始するのではなく他者を理解していくプロセスを経ることで、大きなやりがいが得られます。

他者の成長を身近に感じることができる

コーチングを活かすと、それまであまり会話が得意ではなかった人も、自分の考えや気持ちをまとめて発信できるようになります。

自分だけではなく、コーチングのスキルをもって他者が成長していく過程を目の当たりにできるため、「コーチングを学んでよかった」という満足感とともに、相手の成長に関われたというやりがいにも繋がっていくことでしょう。

情報が氾濫し、正しい取捨選択や自分自身の意思が軽視されやすい時代に、相手を尊重して意見を引き出していくことは非常に重要です。顔の見えない相手ともやり取りを当たり前にこなすからこそ、コーチングのスキルが活かされるのではないでしょうか。

自分自身も成長することができる

コーチングは相手の意思を引き出し、それが高じてやる気やモチベーションの向上を促します。単なる傾聴では物足りないと思われますし、アメとムチでは相手に不信感を与えるリスクがありますが、コーチングでは質問を的確に投げかけるスキルも必須。相手の感情に訴えつつ、意見を引き出すテクニックが身についていきます。

つまり、コーチングを学んで自分自身も考え、相手に対する問いかけや態度を改めるようになります。それこそが成長であり、実際のコーチングの場面でさらに課題が見えてくると、その改善を積極的に行うようになります。

コーチングは自己実現だけではなく、相手との関わりそのものもブラッシュアップしていける手段なのです。

icon

ICF資格をもつ講師人数で比較する
おすすめコーチングスクール5選

日本国内でコーチングを教えている講師がもつ資格の中で、その【コーチング実績主義】でどこよりも厳しい取得基準をもつ国際コーチング連盟(ICF)資格。特に上位資格をもつ講師なら、経験値や高い指導レベルにあると言えます。
①ICF資格をもつ講師が教えている②ICF資格取得認定コースである③コーチ養成が主目的の講座である
以上の条件をクリアしているコーチングスクールをピックアップいたしました。

MCC資格トレーナーが2名在籍
高い指導力をもつスクール
東京コーチング協会
MCC…2名
PCC…5名
ACC…0名
リーダーシップメソッドで
コーチングが学べるスクール
一般社団法人
マインドフルリーダーシップインスティテュート
MCC…1名
PCC…4名
ACC…0名
教育機関での研修実績多数
教育者向けスクール
共創コーチング
MCC…1名
PCC…1名
ACC…0名
全国34箇所に拠点をもつ
気軽に通える大手スクール
銀座コーチング
スクール
MCC…0名
PCC…16名
ACC…25名
企業研修の実績多数
関わり方重視のスクール
CTIジャパン
MCC…0名
PCC…18名
ACC…0名

国際コーチング連盟認定資格の取得条件は下記の通り
MCC 専門トレーニング:200時間修了/コーチング実績35名以上最低2,500時間(有料2,250時間含む)
PCC 専門トレーニング:125時間修了/コーチング実績25名以上最低 500時間(有料 450時間含む)
ACC 専門トレーニング: 60時間修了/コーチング実績 8名以上最低 100時間(有料   75時間含む)
※スクールの講師数は2021年11月時点のものです