【おすすめのコーチングスクール5社を徹底比較】 ビジネスリーダー必見! > コーチングの基礎知識

icon

コーチングの基礎知識

公開日:|最終更新日時:

多数の企業や会社が、組織のマネジメントにおける人材育成のために導入している育成システム、それがコーチングです。ここでは、コーチングに興味がある人や企業のために、コーチングに関する基礎知識をまとめてみました。

コーチングとは

「コーチ」とは、もともとは「馬車」という意味です。それが、「大切な人を目的地まで送り届ける」という意味で使われるようになり、現在のような「目的に向かって指導すること」「生徒を育成していく人」という意味で使われるようになったのです。

コーチングをする人であるコーチは、コーチングを受ける側であるクライアントに対しさまざまな効果をもたらす対話を行います。その効果は、新しい気づきを与えることであったり、視点を増やすことであったりとさまざまです。教えたりアドバイスしたりするのではなく、「問いかけて聞く」という対話を行うのがコーチングの特徴なのです。

コーチングとティーチングの違いとは

コーチングと同じ様な言葉に、ティーチングがあります。両者は一見似たような事柄に思えますが、さまざまな点が異なります。

コーチングは一般的には支持・支援型のマネジメントを指します。あくまで相手の自主性を尊重しつつ、成長を促す形になります。

これに対し、ティーチングは指示・命令型のマネジメントとなります。学校での授業や塾のように、教える側が主体となって情報やスキルを提供する形なのです。

また、コーチングの焦点は、一人ひとりが抱えている問題への対処法などといった「人」にフォーカスしたものとなります。対して、ティーチングの焦点となるのは特定の技能習得や目的達成などの「事柄」にフォーカスしたものとなるのです。

コーチングとカウンセリングの違いとは

ティーチングと同じようにコーチングと似ているものとしては、カウンセリングがあります。これもまた、コーチングとはさまざまな点で異なっています。

コーチングは、一人ひとりが抱えている課題を達成できるように自身の成長を促すのが目的です。そのため、必然的にそのプロセスは未来指向のものになります。

対して、カウンセリングはクライアントが抱えている悩みや不安を解消するために、双方向のコミュニケーションを通してそのクライアントの経歴や過去の出来事といった、過去指向のものになるという違いがあるのです。

コーチングスクールの選び方

コーチングスクールを選ぶ際には、まず「なぜ、どんな目的でコーチングを学ぼうとしているのか」をはっきりさせましょう。コーチングを学ぶ動機としては、コーチとしての副業や起業を考えている、コーチングを通して学ぶ力を身に着けたい、自分の仕事にコーチング能力が必要などさまざまなものがあります。そして、その目的によって選ぶべきコーチングスクールは変わってくるのです。

また、コーチングスクールを選ぶ際には、必要な情報をすべて集めることが大切です。特に、そのコーチングスクールでどんなスキルを身につけることができるのか、どんな人物が教えているのかをしっかり把握したうえでスクールを選びましょう。

ビジネスコーチングとは

ビジネスにおいては、「ビジネスコーチング」と呼ばれる特化型のコーチングが存在します。

グローバル化した現代社会では、世界で起こるさまざまな出来事が、ビジネスにも大きな影響を与えることが少なくありません。今後も、予測できない事柄がいつ発生するやもしれないのです。

思わぬ事態に陥ったり、トラブルに見舞われた際、社員が一人ひとりが自力で乗り切れるだけの能力を備えていることは、ビジネス及び、会社としての成功のカギになります。

人を育てるビジネスコーチングは、現代にこそ求められる技術です。自ら考え、行動・判断できる社員を育てることで、長期的には会社も成長を遂げられます。

そんなコーチングについて、さらに詳しい内容を紹介しています。

コーチングのやりがい

コーチングは相手との丁寧なやり取りを通じて、真意や内面の思いを引き出す手法です。アメとムチや一方的な傾聴では不足しがちなコミュニケーションを補いながら、相手への接し方や態度が身についていきます。

コーチングを学び実践することで、自分自身の対応力もブラッシュアップすることができます。「学び」だけではなくその後の「実践」も重要であり、理解を深めてから実際に活用することで、さまざまな気付きや発見が得られます。相手の本心を引き出すほどやりがいを感じ、コーチングを学んでよかったと思えるでしょう。

ここでは、コーチングで得られる4つのやりがいをピックアップして紹介しています。これからコーチングを学ぼう、ビジネスや普段の生活に活かそうと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

オンラインコーチングの特徴

オンラインコーチングは、さまざまなメリットがあります。コーチ側は、セッション場所の確保が不要だったり、スケジュール調整が行いやすかったりするなどのメリットがあります。そのほかには、場所を選ばずセッション可能な点も魅力でしょう。

クライアント側のメリットとして、時間と費用のコストが抑えられたり、スケジュール調整が行いやすかったりするという点が挙げられます。

しかし、双方ネットに関する知識が必要であることや、セッション内容が通信環境に左右されやすい点、対面よりもコミュニケーションが伝わりづらいところがデメリットとして考えられます。受講する際は特徴やメリット、デメリットをしっかり把握して、自分に合った講座を受けるのがおすすめです。

icon

ICF資格をもつ講師人数で比較する
おすすめコーチングスクール5選

日本国内でコーチングを教えている講師がもつ資格の中で、その【コーチング実績主義】でどこよりも厳しい取得基準をもつ国際コーチング連盟(ICF)資格。特に上位資格をもつ講師なら、経験値や高い指導レベルにあると言えます。
①ICF資格をもつ講師が教えている②ICF資格取得認定コースである③コーチ養成が主目的の講座である
以上の条件をクリアしているコーチングスクールをピックアップいたしました。

MCC資格トレーナーが2名在籍
高い指導力をもつスクール
東京コーチング協会
MCC…2名
PCC…5名
ACC…0名
リーダーシップメソッドで
コーチングが学べるスクール
一般社団法人
マインドフルリーダーシップインスティテュート
MCC…1名
PCC…4名
ACC…0名
教育機関での研修実績多数
教育者向けスクール
共創コーチング
MCC…1名
PCC…1名
ACC…0名
全国34箇所に拠点をもつ
気軽に通える大手スクール
銀座コーチング
スクール
MCC…0名
PCC…16名
ACC…25名
企業研修の実績多数
関わり方重視のスクール
CTIジャパン
MCC…0名
PCC…18名
ACC…0名

国際コーチング連盟認定資格の取得条件は下記の通り
MCC 専門トレーニング:200時間修了/コーチング実績35名以上最低2,500時間(有料2,250時間含む)
PCC 専門トレーニング:125時間修了/コーチング実績25名以上最低 500時間(有料 450時間含む)
ACC 専門トレーニング: 60時間修了/コーチング実績 8名以上最低 100時間(有料   75時間含む)
※スクールの講師数は2021年11月時点のものです